日常生活もネットも変わらない

日常生活の中で女性への免疫がなく、女性と会話が全然続かないという人が完全無料出会い系サイトを利用したとしましょう。
確かに完全無料出会い系サイトの方が直接話すわけではなく、メールな分緊張をしなくてもいいというメリットがあります。
口で言えない事でもメールなら言いやすいという事だってありますよね。
しかし女性と何を話していいのか分からないという人がメールになったからといって、メールで楽しく話せるというわけではありません。
メールに何を書けばいいのか分からないと、パソコンの前で考え込んでしまうかもしれません。
自分の好きな事に関して書けば、話す事はたくさんあっても、それが相手が全く興味がない場合は読んでもつまらないですよね。
そのためまずは共通点探しをしていきましょう。
プロフィールを見て、趣味や好きな事など共通点をある人を選び、その人とメールを始めてみるといいでしょう。
またメールであっても性格が日常生活と激変するわけではありませんよね。
内向的な人がメールぐらいは社交的にと思ったところで、そう簡単にはいきません。
それに完全無料出会い系サイトとは会う事を前提として知り合っているわけです。
メールの中だけで社交的に振る舞ったところで、実際に会えばそうでない事ぐらいすぐにバレます。
そして社交的な人が好きという人であれば、上手くいくわけがありません。
それなら最初から内向的な人が好きだという女性にアプローチしておいた方が上手くいく可能性が高いですよね。
出会う場所がネットだというだけで、出会いそのものはネットも日常生活の出会いも実はさほど違いはないのです。

無料サイトで出会える?

出会えるサイトを見つけて登録することが出会い系サイトを利用して出会いを手に入れようという場合には必要なことです。
では、出会えるサイトとはどんなサイトなのか。それは、女性と男性とのバランスの取れたサイトということになるでしょうね。

利用者が多ければ出会える確率は高くなると考えられるわけですが、男女のバランスが悪ければそれは叶わない訳です。
出会うのは男女ですから、一方だけが多いというのは問題があるわけです。
ですから、無料サイトは出会えそうで出会えないサイトということになる可能性があるのです。
なぜならば、無料サイトは人気があって利用者が集まるサイトです。
しかし、男女のバランスは決して良いとは言えないのです。圧倒的に男性が多いわけですからね。

男性にとっては無料サイトはとっても魅力があるわけです。
タダで出会いが手にはいるサイトは無料サイトしかありませんからね。
しかし、女性はそんなこともないというわけで、無料サイトに魅力を感じないのです。
基本的に女性はどのサイトでもお金を支払う必要がないですからね。
無料とか有料といったことでサイトを選択することがないのです。
という訳で、無料サイトは出会えるサイトとしての条件を満たさないということになってしまうわけです。
だからといって、出会えないわけでもないのですけどね。

コピペメールでは伝わらない

コピペメール例えば連絡網などで一斉に送られてくるメールが、コピペメールでも何とも思いません。
要件が伝わればそれでいいからです。
しかしお正月に友達から送られてきたメールが一斉送信のコピペメールだったらどう思いますか?
新年の挨拶だし、送らないよりは送った方がいいと思うかもしれません。
ですが反面「明けましておめでとう、今年もよろしく」とテンプレートなメールなら別に送ってくれなくてもいいと思いますよね。
せめて一言何か添えてくれればと味気なく思うでしょう。
でもそれでもお正月は何かと忙しいし、一斉送信でも気にならないという人でも完全無料出会い系サイトのコピペメールは違います。
相手に初めて送るメールです。
自己紹介の部分は多少コピペメールでも仕方がないにしても、どうしてメールを送ったのか?
そして共通の話題については、1人1人相手によって伝える事が異なるはずです。
手間を省いてコピペメールにしてしまうのかもしれませんが、コピペメールを送っても心に何も響きません。
返信がこなければ、メールを送る意味はありません。
100通のコピペメールを送るよりも、10通でもいいので、ちゃんと1通1通自分の思いを伝えるメールを書く。
その方がよほど返信率が期待出来るはずです。
もちろん完全無料出会い系サイトで何通送っても全然返信がこないという時は、たくさん送るのならコピペメールを送りたくなる気持ちは分かります。ですが、そこで送ってしまえば、アプローチメールでも何でもありません。
言ってみれば失礼かもしれませんが、迷惑メールと大差がないメールで、届いて面倒だから削除する、そうゆう扱いです。

完全無料出会い系サイトのセカンドメールの重要性

完全無料出会い系サイトのメールでファーストメールが重要な事は説明されるまでもありません。
ファーストメールの良し悪しで返事がくるのかどうか決まるのですから、気合を入れてメールを書くでしょう。
対してセカンドメールはどうでしょうか?
ファーストメールの返事がきて、やったと浮かれた状態でセカンドメールを書いていると思います。
そして返事がきた事で、相手も少なくとも自分に興味を持ってくれたからメールのやり取りが出来るようになったと。
そう思っているかもしれません。
しかしまだファーストメールに返信をもらったに過ぎません。
それはメールのやり取りが確約されたわけでもなければ、セカンドメールに返事をするかどうかも分かりません。
つまりお試し期間だという事を忘れてはいけません。
むしろファーストメールは自己紹介と、どうしてメールを送ったのかの理由を説明したにすぎません。
コミュニケーションのやり取りとしてはこのセカンドメールから始めると言えるでしょう。
どんな話題を提供してくれるのか、この人はどんな性格の人なのか、メールをしても楽しいのか?
それをセカンドメールから判断していくわけです。
プロフィールは良かったんだけど、メールはつまんないなと判断されたらセカンドメールに返信はきません。
ファーストメールで返信はあまり期待していませんが、セカンドメールは返信はくるものと思い込んでしまっています。
そのため返信がこなくてダメージを受けるのはセカンドメールの方が大きいと言えるでしょう。
セカンドメールは話題性なので、女性がどんな事に興味を持つのか日頃からチェックしておきましょう。

相手に興味を持ってもらえるように工夫する

あなたは無料出合いアプリでメールを書く時に、どのような工夫をしていますか?
とにかくメールの数を送れば、そのうちの1人ぐらいは返信をしてくれるだろう・・・・そんな気持ちで漠然と書くのはダメです。
箸にも棒にも掛からないようなメールでは、女性は誰もあなたに興味を持ってくれません。

自分はそんな女性に興味を持ってもらえるような、魅力的な男性ではないと思われるかもしれません。
しかしメールのやり取りで魅力的に見えるかどうかは、その人自身ではなくて、メールの書き方次第なのです。
小説を読んで先が読める展開の小説って面白くないですよね。
途中で読むのを中断してしまうかもしれません。
しかしどういう展開になるのか分からない、先が読めないからハラハラドキドキとページをめくる。
そんな面白い小説も存在します。

もちろん小説家のような文章力はありませんが、それでも相手に「それどういう意味?」「ええっ、意外!!」
と思わせるようなメールを書く事は練習次第で可能になります。
ではどのように練習すればいいのか?というと、それはもうメールを書くしかありません。
メールを書いて相手からの反応を見て、書き方を変えてみて、相手からの反応を見る。
その繰り返しで徐々に、好感を持ってもらえるメールを書けるようになっていくのです。
練習メールだって、もしかすると、誰かにいい反応をしてもらえて、そこから関係が発展する可能性はゼロではありません。

無料出合いアプリでメールで、女性に興味を持ってもらえるメールを書く事が出来るという事は非常に強みになります。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.